----スポンサードリンク----

2006年06月26日

走りすぎても死なない。(オシム語録より)

イビチャ・オシム。65歳、サラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ、旧ユーゴスラビア)生まれ。"弱小"ジェフユナイテッド市原・千葉をヤマザキナビスコカップ優勝に導き、初のタイトルを獲得した手腕を買われて、次期日本代表監督に就任することが確実なようだ。

オシムオレとしてはてっきりギドさんだとおもってたのだが、、、。(コーチに"半分日本人"のリティね。)

死ぬまで走るサッカーを2010年には見せてほしい。
川渕チェアマン曰く、『オシム監督の本を読んで感銘を受けた』とのこと。オシム監督の本ってこれ↓のこと?だったらこんな嬉しいことはなんだが。。。
オシムの言葉 - フィールドの向こうに人生が見える

キムキム師匠、やったね。師匠の本は全部よんでますよ。
posted by マチュー at 06:31| Comment(0) | TrackBack(16) | 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。