----スポンサードリンク----

2006年07月05日

SF1 ドイツvsイタリア(前半終了)

レーマンがいい。

前半4分のトッティのフリーキック。
距離はあったが、壁を越えて落ちる結構きわどいシュートだった。
それを軽くキャッチするレーマンの表情。自信に満ち溢れている。

アルゼンチンをおさえ、PK戦を制した自身だろう。

ここにきて調子のあがってきたトッティを中心に前半攻め続けたイタリアだが、よほどドイツのディフェンスラインが崩れない限り、レーマンからゴールを奪うのは難しい。

どちらも本来守りの強いチームだが、前半攻め切れなかったイタリアに対して、後半のドイツの爆発力が楽しみになってきた。

ただ、心配なのはバラックが消えている時間が多かったことだろうか。








ラベル:イタリア ドイツ
posted by マチュー at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。