----スポンサードリンク----

2006年06月10日

Group B イングランドvsパラグアイ(前半終了)

前半6分、イングランド。左サイドでのフリーキック。
デビッド・ベッカムの右足。
オウンゴール?いやいや、あれはベッカムのゴールでしょ。
公式記録がなんといっても。

それにしてもすごい。ピーター・クラウチ。
「デカイだけじゃない」といいたいが、とにかくまずはデカイことがすごい。今大会最高のポストプレイヤーは間違いないでしょう。(少なくとも頭でのポストプレーの成功率では。)

でもイングランドはこんなんでいいんでしょうか?
勝率の高いポストプレイヤーにばかりボールを集めて、ほかのプレイヤーといまいち絡み切れていないように見える。

パラグアイだからそんなに苦戦しているようには見えないけど、今後はちょっと苦しいかも。

中盤右のベッカムからファーサイドのクラウチをポストにしてDFとGKの間にオーエンが、、、。なんて、シーンが後半で見れるだろうか?

アクーニャ⇒サンタクルスのホットラインは?

David Beckhamベッカム-4Years of David Beckham


posted by マチュー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サッカー ワールドカップ ドイツ大会 予選 B組
Excerpt: イングランド パラグアイ トリニダード・トバゴ スウェーデン イングランド ○(1-0) ○(2-0) △(2-2) パラグアイ ×(0-..
Weblog: サッカー ワールドカップ ドイツ大会を楽しむぞ!
Tracked: 2006-06-23 00:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。