----スポンサードリンク----

2006年07月09日

でも、MoMはカーンにあげたい。

【3決 ドイツ3-1ポルトガル】

後半11分、先制点はドイツ。
左サイドライン際でボールをもつシュバインシュタイガー。
中央に切り込む。細かいタッチでボールをつなぎ、DFに飛び込ませない。
そして、右足の強烈なシュートはGKリカルドの両手の間をすり抜けてゴール。
ドイツ、試合を決める先制点。

前半からいまいちピリッとしないポルトガル。
先制できればチャンスもあるかと思ったが、、、。

後半15分、追加点もドイツ。
シュバインシュタイガーのFK。強烈な右足のシュートがペチートのOGを誘う。
決まった試合をさらに決定づける2点目。

後半32分、ポルトガル。
フィーゴ投入。遅いっ。

その直後、後半33分。ドイツ。
ペナルティエリア外、左。シュバインシュタイガー。何でフリーになってんだ?

1点目のリプレイ。強烈な右足のシュートはGKから遠ざかる弧を描いてゴールへ。ドイツ3点目。7番の後姿が輝いて見える。

終了間際、後半43分。ポルトガル。
フィーゴの右サイドからのクロスにヌーノ・ゴメス。GKの飛びなせないクロスをファーサイドまで通すキックはさすが。最後にコレが見れてよかった。

そして、ホイッスル。ドイツ3-1ポルトガル。
地元ドイツ、意地の3位確保。。。

全得点にからむ、というより3点すべてたたき出したシュバインシュタイガーの右足。今後、さらに高値がつきそう。

それでも、Man of the Macthはカーンにあげたい。
前半パウレタ、後半デコ、クリスチアーノ・ロナウドのFK、決定的なシュートを止めたカーンがこのゲームではいちばん光っていたようにおもう。

全英オープン女子シングルスはアメリ・モレスモ(仏)が初優勝。
さて、明日はいよいよ決勝。
フランスの異種アベック優勝なるのか?
シダン最後のゲームで最高の輝きを放てるのか?
posted by マチュー at 06:11| Comment(0) | TrackBack(40) | 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。